ネットビジネスの基礎③教育

こんにちは、トモヒロです。いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

今回は、ネットビジネスの基礎として、教育にスポットを当ててお話していきます。

過去のブログを読まれていない方は、まずはそちらを読んでいただいてから読まれることをオススメします。

とても参考になると思いますので、興味のある方はぜひ、最後まで読んでみてください。

教育とは?

教育というと学校を思い浮かべますが、ネットビジネスでは、SNS等を利用して集めた顧客リストを用いて、その顧客に対し、商品を販売する前に価値を伝えることを指します。

いくら顧客リストがあるといっても、すぐに商品を購入してもらえるわけではありません。

商品の価値が顧客に伝わらないと購入してもらえません。

例えば、街中のスーパーの食品コーナーでの試食を思い浮かべてみてください。

新発売の商品を販売する時に、試食コーナーを設けて顧客に試食してもらっています。

それは、商品の美味しさや値段に合った価値を知ってもらうためです。

顧客に対して、この美味しさでこの値段という価値を伝える(教育する)ことで、商品を購入してもらうための基礎を作るということです。

商品の価値が伝われば、購入していただける確率も上がり、またその価値が口コミで広がれば、商品販売に繋がるということです。

すぐに利益を求めて販売したいところですが、まずは商品の価値を伝える(教育する)ところからはじめていくことが大切です。

ステップメールを活用

ではネットビジネスにおいてどうやって教育していくのか。

その方法として、ステップメールを活用します。

ステップメールとは、メルマガの無料会員登録をしてもらったユーザーに対して、あらかじめ準備したメールをスケジュールに沿って配信するメールマーケティング手法の1つです。

顧客ごとに自動送信されるため、その人だけといった特別感やフォローの自動化に役立ちます。

メルマガとの違いについて簡単に説明しますと、ステップメールは、顧客が求める情報を適切なタイミングで送信するのが特徴なのに対し、メルマガは、送りたい最新情報などを多くの顧客に向けて継続的に送るのが特徴です。

このように、メールという手段は同じでも、アプローチ方法が違うので、両者の違いをしっかり把握しておくことがメールマーケティングを成功に導く大切なポイントです。

具体的には、ステップメールを利用して、少しずつ顧客に対して、商品価値を伝える(教育する)ことで、購入したいと思ってもらえるようにしていきます。

フリー戦略の重要性

商品の価値を伝える(教育する)ためには、有料級のコンテンツを無料でプレゼントすることが大切です。

実際に無料コンテンツを提供して、その価値を顧客に知ってもらういます。

そうすると、コンテンツを利用した顧客は、それが価値のあるものであれば興味を持ち、実際に購入してみようと思います。

それこそが本当の狙いです。これをフリー戦略といいます。

人は、無料というものに興味を持ちます。それをうまく活用することで、販売に繋げていくという戦略です。

ここで注意が必要なのは、無料といっても決して手を抜かないことです。価値のないものを無料で提供しても、その魅力を伝えることはできません。

大切なのは、有料級のコンテンツを用意して顧客に価値を伝えることです。

まずは、ステップメールで、コンテンツをその都度無料で提供して利用してもらいます。

そして、少しずつその価値を伝えていき、購入したいと思ってもらえるように誘導することで、販売に繋げていきます。

フリー戦略は、ネットビジネスを成功させるために必要不可欠ですので、ぜひ知っておいてください。

まとめ

今回は、ネットビジネスの基礎として、「教育」にスポットを当ててお話しました。

ポイントをまとめると、

①ネットビジネスにおける教育とは商品の価値を伝えること

②商品の価値を伝える方法として、ステップメールを活用すること

③ステップメールにて、無料でコンテンツをプレゼントする(フリー戦略)

以上3つを確実に実践することで、販売に繋げていくことができます。

ネットビジネスの基礎についてお話していますが、次回は「販売」にスポットを当ててお話しますので、引き続き読んでみてください。

また、教育についてもっと詳しく知りたい方は、私が実際にネットビジネスの基礎を学んだ、無料メール講座を紹介します。

今なら、有料級の情報コンテンツを無料でプレゼントします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

無料メール講座についてはこちらから

https://www.tekitekiblog.com/lp/mail/